ホーム  »  カジノ業界ニュース   »   ギャンブル依存症はこんなに怖い!?

ギャンブル依存症はこんなに怖い!?

心理学やカウンセリングの世界で非常に注目されている依存症ですが、ギャンブルにおいても依存症が存在します。この依存症には様々な対象が存在し、家族のきずなを壊して家庭崩壊を招いたり、正常な判断が出来なくなるなどの理由から、以前より問題とされてきました。果たして、ギャンブル依存症とはどんなものなのでしょうか。

 

ギャンブル依存症は病気なのか?

依存症には、異常な状態を以て診断が下される場合があります。それは「強迫的(やらずにはいられない)」「反復的(やめられない・繰り返す)」「衝動的(思いついたらやってしまっている)」「貪欲的(こだわる・執拗に追求する)」の4点で、この4つが、他人から見て満たされている場合、依存症として診断されることになります。例えば、アルコール依存症の人の診断基準に「飲酒のために重要な社会的、職業的、または娯楽的活動を放棄または減少」というものがありますが、まさにこれは先述した4つのポイントをすべて満たしている状態といえるでしょう。

ギャンブル依存症が病気なのかどうかについては、議論の余地があります。一般的には精神障害ではありますが、精神疾患ではないといわれています。精神疾患の場合は、脳の一部の形がおかしくなっていたり、脳の血流量が一般的な動きを示していなかったりという物理的な問題が起きていますが、ギャンブル依存症ではこうした物理的な問題が明確な形で確認できません。

 

ギャンブル依存症と判定されるためには?

一般的なギャンブル依存症の定義は「パチンコや公営競技のような賭け事にのめりこむことにより日常生活又は社会生活に支障が生じ、治療を必要とする状態」とされています。また症状としては、「ギャンブルをプレイして楽しむ」という「楽しい行為」から、全く別の動機になっていることが確認されていると、ギャンブル依存症と判断されやすくなるでしょう。米国精神医学会作成のDSM5 (精神障害診断基準集)によると、以下の9つの要素のうち、4つ以上が満たされた場合に「ギャンブル障害」と診断され、治療が必要な状況と判断されます。

  1. 負けを取り戻す
  2. より強い興奮を味わう
  3. イライラ・憂鬱感を解消する
  4. 賭けていると落ち着く
  5. ギャンブルに関することが頭から離れない
  6. 上手に加減できない
  7. ギャンブル関連のウソ
  8. 大切な人間関係や社会的な関係の危機
  9. ギャンブルを原因とした借金

「出典:一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センター

この9個の要素のうち、特に最初の「負けを取り戻す」という強い強迫性がある場合は、この項目だけでもギャンブル依存症と判断される可能性もあるほど、非常に重要な項目となります。

カジノワイヤード限定!入金不要ボーナス
カジノワイヤードいち押し、もらって嬉しい入金不要ボーナスページをチェック。ここだけの限定ボーナスもあるのでお見逃しなく!

 

ギャンブル依存症になるとどうなる?

ギャンブル依存症になると、どのような問題が発生するのでしょうか。まずわかりやすい即物的なことですが、多くの場合借金が生まれます。ギャンブル依存症では、ギャンブルに対して勝つか負けるかという考えではなく、それがないと生きていけない、それが生きる指針となるといった部分があるため、ギャンブルを続けてしまうのです。ギャンブルは、基本的に運が良ければ勝てるというものであり、ギャンブルで常に勝ち続けることは不可能といえるでしょう。

続いて、ギャンブル依存症の最も大きな問題はウソです。ギャンブル依存症の人でも、自分を壊していっているものがギャンブルであるという感覚はどこかに持っています。そのため、ギャンブルをすること自体に罪悪感があったり、ギャンブルをするというロジックに何かしらの引け目を感じていたりすることが多いのでしょう。結果として、ウソにウソを重ねてギャンブルをするようになります。こうなってしまうと、さらに問題が深刻化していきます。

その結果、人間関係にもトラブルを抱えることになっていき、家族や大事な友人、その人を助けてくれる人たちよりも、ギャンブルのほうがその人の人生にとって有益なものと考えるようになります。ギャンブル依存症になってしまう人は、どちらかというと「我慢強い人」や「自分の目的にまい進できる人」という傾向もあるようです。そんな一般的には真面目とも言える善良な大人が身を滅ぼしてしまう点がギャンブル依存症の恐ろしい点といえるでしょう。

 

ギャンブル依存症から抜け出すために

ギャンブル依存症は進行していきますが、同時に辞めることや治療すること自体はそこまで難しくない依存症と考えられています。それは、有効な治療法がある程度確立されているためです。ギャンブルに変わる充足方法を試みる「欲望充足法」といわれる手法で、ギャンブルの動機つまり、「ギャンブルに何を求めているか」を代替行動に置き換えていくことにより、ギャンブルから自然と離れていく手法といえるでしょう。また、ギャンブル依存症を悪化させる最大の原因は借金なので、この借金を解消することで自然と依存症から抜け出すタイプの人もいます。これは、ギャンブルが、アルコールやたばこなどと異なり、そもそも依存性のある物質を体に取り込んでいるわけではないという点に特徴があるためです。他にもギャンブルの収支決算を記録したり、「迷惑をかけたこと」をリスト化したり、日々の家族や友人の助けを毎日のように感じたりしていくことで、症状が劇的に回復へ向かうことがあります。ギャンブル依存症は、必ず治るものなのです。しかし、先述したように「我慢強い人」や「目的にまい進できる人」が起こりやすいものであり、こうした人たちは、自分の行動に罪悪感を持ちやすい傾向にあります。大きな借金だけでなく、最終的に自殺という破滅的な結末を迎えてしまうということも大いにあり得るでしょう。また、素人目戦での対応は、時に症状を悪化させることもあります。もし、友人や家族に、ギャンブル依存症を感じさせる行動があった場合は、必ず専門家に相談してみましょう。

 

ギャンブル依存症の相談窓口

ギャンブル依存症は、基本的に依存症のジャンルなので、対応は精神科になります。しかし、精神科は横断的な科であり、なかなか依存症専門の医師を探すことが難しいの現状です。また、依存症は家族や友人を巻き込むものでもあります。依存症の当人の対応をしていた家族が、依存症に引っ張られ大きな問題を引き起こしたということも起こっています。そうした家族や友人のための相談窓口についてみていきましょう。

NPO法人ギャンブル依存ファミリーセンター 「ホープヒル」
ギャンブル依存症の家族を支援するためのNPO法人が「ホープヒル」です。神奈川県横浜市にあるこのNPOは、もともとギャンブル依存症の家族が作った駆け込み寺のようなものだったようです。まずは正しい知識を身に着けるとともに、時に支援のために孤立し疲れ果ててしまう家族を、ともに支える優しい組織を目指して活動を続けています。最初のうちは、自分が依存症であることを認識すること自体に反発する当人に変わって、様々な支援や病院を探すなどを進めていくのは、基本的には家族でしょう。当人が自分で進んで支援や病院を探す場合は、これはほとんど直っている状況であることが多いのです。そうした、最初の一歩を手助けする組織といえるでしょう。

一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センター
設立目的としては、ギャンブル依存症を調査や研究し、情報提供などを行うことで、ギャンブル依存症の予防や回復のための支援を行う組織が、この一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センターです。特に情報提供に力を入れており、ホームページからだけでも多くの情報を手に入れることが出来ます。また、サポートコールとして、年中無休・24時間対応でフリーコールの電話番号を持っており、こちらに電話することで、専門のカウンセラーがいつでも対応してくれるというサービスも提供されています。この対象者は依存症の当人だけでなく、家族や友人も対象となっています。ギャンブル依存症に少しでも気になることがあったら、ぜひ連絡してみてください。

 

まとめ

賭け事としてのゲームや遊びという点で、日ごろのストレスを解消したり娯楽の一種として楽しんだりするはずのギャンブルですが、依存症となってしまうと大きな問題を引き起こしがちです。結果として、当人の借金が生まれてしまい、ギャンブル以上に大事な存在である家族や友人を蔑ろにしてしまうことになります。適切なギャンブル依存症は、アルコール依存症などと比べそれほど強い依存症ではなく、適切な治療を受ければ回復が望めますが、ギャンブル依存症に対して、正確な知識を持ちながら、ギャンブルとやはり節度を保ち、上手に付き合っていくことをお勧めします。

当サイト(Casino Wired )では、オンラインカジノに関する様々な情報を提供しています。【Casino Wired トップページ】から気になる記事をチェックしてみてください。

プレイヤーレビュー

ニュースレターに登録して
フリースピンや独占ボーナスや攻略法を手に入れよう!
  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。
メルマガに登録して限定ボーナス35ドル(約3,500円)をゲット!
登録する
X