ゲーム戦略について【ブラックジャック編】

に投稿

ゲーム戦略について【ブラックジャック編】

オンラインカジノには多くのゲームが用意されていますが、特にその中でも人気のあるゲームには、みなさんご存じのブラックジャック・バカラ・ルーレット・スロットなどがあります。今回はそれらの中からブラックジャックに焦点を当てて、ゲームの基本ルールを簡単に復習するとともに、個別の基本戦略をご紹介していきます。そもそもギャンブルとは大金をつかみにいくゲームですが、勝つためにはゲームごとに戦略を変えていく柔軟さも必要です。当てずっぽうで何億円もの大金を手に入れられるほど、オンラインカジノも甘くはありませんので、ぜひとも基本的な戦略をマスターしていきましょう。

 

【目次】

1. ブラックジャック

1-1. 知っておくべきディーラーの特徴とは!?

1-2. まだあった!?ディーラーの特徴その2!

1-3. これが最後!ディーラーの特徴その3!

1-4. UPCARD(アップカード)が鍵を握る!?

1-5. 使うべき?INSURANCE(インシュアランス)とは!?

1-6. ベーシックストラテジー(BASIC STRATEGY)とは!?

2. ブラックジャック別ストラテジー表の入手方法!

2-1. ストラテジーに関する裏技!

3. まとめ

 

1. ブラックジャック

ブラックジャックの基本的なルールとして、カードの合計数字が「21」に近いほうが勝ちということを覚えておきましょう。裏を返すと「21」にさえ近ければ、あなたのカードの合計数字が「5」でディーラーのカードの合計数字が「4」の場合だと、あなたの勝利ということです。とにかくディーラーよりも「21」に近ければ、どんな数字でも構いません。ちなみに、「21」を超えてしまうとBUST(バースト)、つまり負けになってしまうので注意しましょう。これだけのルールを覚えてさえいれば、ブラックジャックは楽しむことができます。

【カードの数え方】

復習のために、もう一度カードの数え方を簡単に紹介します。

  • 「2~10」はそのままの数字で計算します。
  • 「J~K」は全て「10」として計算します・
  • 「A」「1」または「11」どちらか選んで計算します。

つまり、手持ちのカードが「A」「Q」の2枚だった場合は、「A」「11」として数え、そこに「Q」=「10」を足すことにより、合計で「21」になり見事ブラックジャックです。

【用語解説】

  • HIT(ヒット)=カードを引く
  • STAND(スタンド)、STAY(ステイ)=カードはそのまま
  • BUST(バースト/バスト)=「22」を超えて負けが確定
  • BLACK JACK(ブラックジャック)=「21」となり勝ちが確定、ちなみに配られた時点で「A」+「10/J/Q/K」=「21」になった場合のことを「NATURAL(ナチュラル)21(トゥエンティ―ワン)」と呼ぶ
  • UP CARD=初めにディーラーに配られる2枚のカードのうち、全プレイヤーに見えるように表にしておく1枚のカードのことを指す

 

1-1. 知っておくべきディーラーの特徴とは!?

ブラックジャックを勝つための戦略としてディーラーとはどんな特徴があるのかを把握しておく必要があります。野球やサッカーでもそうですが、どこの誰かも分からない相手ですと戦術の立てようもありません。ディーラーの一番の特徴は、私たちプレイヤーと同じように「カードをさらに1枚引く」「カードを引かない」などの行動を自らの意志で決定することができない点にあります。つまり、基本的にはディーラー役はどこの誰がやっても変わらないというのが結論です。一度知ってしまえば「何だそんなことか」と思ってしまうようなことですが、これがブラックジャックにおいて、まず始めに覚えておくべき知識の一つです。

 

1-2. まだあった!?ディーラーの特徴その2!

ディーラーは「カードをもう1枚引く」「カードを引かない」という選択肢がなく、こちらの動きに合わせて強制的に行動しなければならないことはお伝えしましたが、さらに強制されている行動があります。それは、「手持ちのカードが17になるまで引かなければならない」「手持ちのカードが17以上になったら引かない」という制限もかけられています。ここまでディーラーの動きが制限されているため、ある程度は手持ちのカードがどのくらいかを予想できます。なぜなら、手持ちのカードのうち1枚は前述したアップカードにより表になっており、さらに「17」以上になるまで引き続けなければならない状況であれば、手持ちのカードはおおよそ「17」「18」「19」「20」「21」「22以上」6パターンに絞ることができます。そう考えると、この特徴を知る前よりは少しだけ勝てそうな気がしてきませんか?

 

Gaming Club - Welcome Bonus

1-3. これが最後!ディーラーの特徴その3!

本当にこれが最後です。今まで説明してきたディーラーの特徴は全てプレイヤーである私たちにとってメリットと言えることばかりでした。しかし、今回の特徴はプレイヤーにとっては唯一のデメリットになる特徴です。それは、「ディーラーとプレイヤーともにBUST(バースト)した場合は、プレイヤーの負けとなる」ことです。そんなことかと思われた方もいるかもしれませんが、これが結構大きなことであり、同点でも負けになるということをしっかりと覚えた上で、次に進んでください。

 

1-4. UPCARD(アップカード)が鍵を握る!?

ディーラーに初めに配られた2枚のうち、1枚は表向きになるUPCARD(アップカード)ですが、その1枚がブラックジャックにおいて最重要ポイントなのです。なぜなら、その1枚からさまざまなディーラーの状況を把握できるからです。最終的なディーラーの手持ちカードは、「17」「18」「19」「20」「21」「22以上」になることはお伝えしましたが、例えばここでディーラーのアップカードが「5」だとします。するとどうでしょうか?ディーラーはBUST(バースト)の可能性が非常に高いですよね?なぜなら、「17」になるまで引き続けなければならず、2枚目のカードがどのカードであったとしても「17」には届かず、次の3枚目でバーストすることも十分考えられます。しかし、この時にあなたの手持ちカードが「13」だったらどうでしょうか?弱い手(ハンド)なため、もう1枚引きたくなりますよね?

実はそこで我慢するのも戦略です。この「13」という内訳が、「6」「7」だとします。次の3枚目に引いたカードが「8」以下であればあなたの勝ちです。確率的には次の3枚目のカードは「8」以下が出る可能性のほうが高いですが、「9」以上の場合はバーストが確定します。この状況での正解は、無理に「8」以下を狙って勝負をかけるのではなく、「9」以上が出るバーストの可能性を0にすることが先決です。つまり、STAY(ステイ)が賢い方法です。なぜなら、「8」以上が出る可能性にかけて見事「8」を引き当ててブラックジャックになっても、ディーラーが3枚目に「J」を引きバーストしたとしても、どちらも結果は同じあなたの勝利だからです。

ブラックジャックの鉄則は、無理に勝負をしかけるよりは、限りなくバーストの可能性を0にすることが勝利の方程式です。

 

1-5. 使うべき?INSURANCE(インシュアランス)とは!?

UPCARD(アップカード)のお話しをさせていただいたので、このINSURANCE(インシュアランス)についても説明します。和訳すると「保険」という意味があり、プレイ自体に保険をかけることができることを意味しています。つまり、ディーラーのアップカードが「A」の場合に、このままだとディーラーが有利なので、ブラックジャックになるかどうかを想定し、「見事当たれば勝ちというサイドベットとしての保険」をかけられますよというルールです。これは、ディーラーの「A」が表向きになった際に、直接ディーラーから「INSURANCE(インシュアランス)?」と必ず聞かれます。あくまでサイドベットなため、インシュアランスをして外れた場合には、追加分のみ没収されます。また、ブラックジャックであった場合には、2倍の配当がもらえます。

相手が勝ったのにも関わらず、あなたも賞金がもらえるというお得な気がする変わった賭け方ですが、基本的には行使しないことをお勧めします。なぜなら、かなり確率が低いからです。インシュアランスには条件があり、ディーラーの残りの手札が「10」「J」「Q」「K」の4枚のカードがあれば成立します。つまり、あるかないかの確率の話であり、単純計算でも約3割の勝率にかけるのは無謀と言えます。もちろんインシュアランスに100%意味がない訳ではなく、使っても良い例外もあります。それは、シングルデッキ(1組のデッキ)のブラックジャックにおいて、2人または3人の手札に「10」「J」「Q」「K」の4枚のカードがない場合です。こちら側にない場合は、ディーラーの残りの手札に隠れている可能性が通常よりは高いため、プレイヤーにとってわりと条件の良いインシュアランスと言えます。

 

1-6. ベーシックストラテジー(BASIC STRATEGY)とは!?

少しでもオンラインカジノにおけるブラックジャックの戦略について調べたことのある方であれば、もちろん知っている勝利の方程式「ベーシックストラテジー(BASIC STRATEGY)」をご紹介します。これは、ブラックジャックで使用するトランプの数が決まっているという前提のもとで、ディーラーのUPCARD(アップカード)とあなたの手持ちの2枚のカード、さらに残りの山札の数を考慮して、どちらがBUST(バースト)する確率が高いか?というのを確率で導き出す戦略です。この戦略を知っていれば、「ここはSTAY(ステイ)しよう」「いやここはHIT(ヒット)すべきだ」など最善の策を練ることができるという訳です。では、早速ですがうわさのベーシックストラテジー(BASIC STRATEGY)表を見ていきましょう。

 

ディーラー UP CARD(アップカード)
2345678910A
プレイヤーハンド(手札)ハードハンド8以下HHHHHHHHHH
9HDDDDHHHHH
10DDDDDDDDHH
11DDDDDDDDDH
12HHSSSHHHHH
13SSSSSHHHHH
14SSSSSHHHHH
15SSSSSHHHRH
16SSSSSHHRRR
17以上SSSSSSSSSS
ソフトハンドA-2HHHDDHHHHH
A-3HHHDDHHHHH
A-4HHDDDHHHHH
A-5HHDDDHHHHH
A-6HDDDDHHHHH
A-7SDDDDSSHHH
A-8SSSSSSSSSS
スプリット2-2PPPPPPHHHH
3-3PPPPPPHHHH
4-4HHHPPHHHHH
5-5DDDDDDDDHH
6-6PPPPPHHHHH
7-7PPPPPPHHHH
8-8PPPPPPPPPP
9-9PPPPPSPPSS
10-10SSSSSSSSSS
A-APPPPPPPPPP
2345678910A
ディーラー UP CARD(アップカード)

【記号説明】

  • H=ヒット(もう1枚引く)
  • S=スタンド(これ以上引かない)
  • R=サレンダー(賭け金の半分を支払い降参)
  • D=ダブルダウン(チップを追加して引く)
  • D=ダブルダウン(ダブルダウンが不可の場合はスタンド)
  • P=スプリット(チップを追加して手を分ける)
  • P=スプリット(スプリット後、ダブルダウン不可の場合はヒット)

【用語解説】

  • SURRENDER(サレンダー)=賭け金の半分支払いゲームを降りる
  • DOUBLE DOWN(ダブルダウン)=1回しかヒットできないが賭け金を2倍にする(行使条件は初めにカードが2枚配られた時)
  • SPLIT(スプリット)=初めに配られた2枚のカードが同じ数字だった場合、2つに分けてそれぞれを独立したゲームとしてプレイする(行使条件は初めにカードが2枚配られた時)

【追記事項】

  • 例えば、「A」「2」「3」のような場合、ソフトハンド(A-5)とみなす
  • ソフトハンド(A-9)は常にスタンド
  • (5-5)の場合、スプリットせず10とみなす

 

このベーシックストラテジー(BASIC STRATEGY)表を活用することにより、それぞれの状況に合わせて最も効率の良い選択ができるのです。自分の手札の合計数字と、ディーラーのUP CARD(アップカード)を見比べて、表で交差しているところが「次のあなたの行動」です。さきほどご紹介したベーシックストラテジー(BASIC STRATEGY)表は、6デッキでディーラーがソフト17をSTAND(スタンド)する場合のベーシックストラテジー表です。もっとも汎用性の高いストラテジー表ではありますが、もちろん全てのブラックジャックにて適応する訳ではありません。なぜなら、各オンラインカジノに用意されているブラックジャックは、それぞれ個別にルールが用意されており、多少の違いが見られるからです。しかし、このままプレイして大負けするほどチャートがずれていることもありませんので、初心者の方はまずはこれをベースにプレイして、慣れてきたらブラックジャックごとにストラテジー表を使い分けるようにするのも良いでしょう。もちろん勝ち負けは自己責任ですので、あらゆる情報を収集し、慎重にプレイすることをお勧めします。

 

2. ブラックジャック別ストラテジー表の入手方法!

オンラインカジノに用意されているブラックジャックごとに攻略方法が異なることはご紹介しましたが、では全てのブラックジャックに対応するストラテジー表は存在しないのでしょうか?やはり、そんな都合の良い攻略方法は存在しません。しかし、海外のオンラインカジノ情報サイトなのでは、実はオンラインカジノごとにソフトウェア別・ゲーム別にペイアウトの解析データや、各ストラテジー表を惜しげもなく公開しています。宝探しのような感覚で海外サイトをのぞきに行くのも良いかもしれません。また、ストラテジー表に関しては、熟練プレイヤーにもなると、自分で作成している強者まで存在します。ゲームのルールが分かっている場合は、専用ツールを使うことによりストラテジー表を作成できるため、ブラックジャックに慣れてきて、さらに上を目指したいと思ったタイミングでそれらのツールを利用するのも一つの方法です。もちろん大前提ですが、まずはブラックジャックのルールや基本的な流れを頭に叩き込むことが大切です。

 

2-1. ストラテジーに関する裏技!

ブラックジャックごとにストラテジー表を集めるというのも少し骨が折れますよね?そこでちょっとした裏技をご紹介します。わざわざストラテジー表を用意しなくても、ブラックジャックをプレイする際に「オートプレイ」にしてしまえば良いという方法です。本当に大丈夫?とお思いかもしれませんが、このオートプレイとは、「マイクロゲーミング系」※「クリプトロジック系」※に用意されているプレイモードであり、ブラックジャックに最適なストラテジー通りにプレイしてくれるという優れものです。中にはオートプレイが利用できないゲームもありますが、基本的には「マイクロゲーミング系」または「クリプトロジック系」をプレイする際には、ストラテジー表いらずで、最適な選択肢を選ぶことができます。もちろん、ある程度は自己確認することをお勧めします。

※「マイクロゲーミング系」=マイクロゲーミング社のソフトウェアを採用しているカジノを指す。「クリプトロジック系」も同じ意味。

 

3. まとめ

今回はブラックジャックの個別ゲーム戦略についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?少しばかり頭を使う内容になっているため、始めのうちは意識しながら複数回読み直すことをお勧めします。「オートプレイ」できるゲームでは利用し、オートプレイが利用できない場合は事前にストラテジー表を用意することを徹底しましょう。ベーシックストラテジー(BASIC STRATEGY)は、ブラックジャック戦略として各メディアでも取り上げられている方法ですので、あなたにとっても使わない手はないです。「賢く、かつ慎重に、しかし時には大胆に」みなさんのカジノライフを今後も応援しています。