サッカーワールドカップ開幕!サッカーくじtoto で応援するチームに賭けられる?

に投稿

日本にも様々な宝くじが存在しますが、その中でもスポーツの結果を対象としたスポーツ振興くじというものがあります。これをtoto (トト) といい、Jリーグの試合の結果や特典を予測し的中させることで、払い戻しを受けられる宝くじです。今年は、4年に1度のFIFA ワールドカップもあり、この試合もtoto の対象となっています。サッカーが好きな人も、あまり興味がない人も、一緒になって楽しめるのがtoto です。果たして、その仕組みはどうなっているのでしょうか。

1. totoってなに?

まずは、toto を遊ぶためには、その概要を見ていきましょう。基本的にサッカーの試合は、勝ち・負け・引き分けの3種類があります。この勝ち・負け・引き分けを予測し、どれだけ当てることが出来たかで、当選金が決定する仕組みです。全部当てることが出来れば1等、1つ間違えると2等、といった具合になっています。toto は、自分で試合結果を予想しますが、コンピュータの予想による、完全ランダムのくじも存在するのです。これは、「BIG」と呼ばれており、toto のようにサッカーのことをほとんど知らなくても参加できることや、5つ外れの6等まで払い戻しがあるという点でがtoto と大きく異なる点となっています。

2. totoの当せん確率や払戻金の仕組み

toto には3種類あり、13試合の勝ち・負け・引き分けを予測するtoto 、指定された5試合の予測をするmin itoto 、指定された3試合の得点数を予測するtotoGOAL3があります。

toto では2試合外れの3等までが払い戻し対象となり、キャリーオーバーがある場合は、最高で5億円の払い戻しと非常に高額な設定です。1等が当たる理論上の当せん確率は1/160万ということで、1/1000万と呼ばれているジャンボ宝くじよりも6倍も当たりやすいとなっています。期待値は非常に大きいといえるでしょう。

mini toto では、全て的中の1等のみが払い戻し対象となり、当せん確率の理論値は1/243。当せん金額はその時の売上金額の50%を山分けするという形になっています。少し古いデータになりますが、2014年の平均当せん金額は13,167円でした。

Inter Casino - Welcome Bonus 1000

totoGOAL3 では、試合結果ではなく、指定された3つの試合の得点数を予想します。つまり、3つの試合には2つのチームが参加するので、6つのチームの得点予想をするくじです。払い戻しは1チーム外れの2等までで、当せん確率の理論値は1等が1/4096と、こちらも悪くない数字です。払い戻し金額は1等で、その時の売上の30%を山分けするという形になっており、理論上は約10万円といわれています。mini toto 、totoGOAL3 は1口100円と非常に低価格で参加できるため、サッカーが好きな人にとっては参加するハードルが低いのではないでしょうか。

toto 概要

種類対象1口当せん金額1等当せん確率
toto 13試合の結果予想300円キャリーオーバーがある場合の最高が5億円1/160万
mini toto 5試合の結果予想100円目安は1万円。2017年の平均は13,167円1/243
totoGOAL33試合の得点数を予想100円目安は10万円1/4096

3. BIG の当せん確率や払戻金の仕組み

指定された試合の結果を、コンピュータがランダムで決めてくれるくじであるBIGは、4種類と、toto よりも種類が多く、より多くの人が参加できるように間口を開いているといえるでしょう。BIG、100円BIG、BIG1000、miniBIGと、1口の金額や払戻金の大小によって選ぶことが出来ます。

BIGは、指定された14試合を対象にコンピュータがランダムで結果を予想し、その当たった数で払い戻しが決定します。最大で5個外れの6等まで払い戻しの対象となっており1等の払い戻しは、キャリーオーバーがない場合は最高で3億円、キャリーオーバーがある場合は、最高でなんと6億円という設定です。実際のところは、売り上げの38%が1等の払戻金となるため、3億円・6億円と決まっているわけではありません。しかし、運が良ければ、ジャンボ宝くじと同じかそれ以上の払戻金を、なんと1/480万の確率で得ることが出来ます。当たる確率は、ジャンボ宝くじの2倍です。2017年には51本の1等当せんが出ています。

100円BIG は、1口100円から楽しめるくじで、他の仕組みは基本的にBIGと変わりません。試合数も特に変わりはなく、払戻金は、4つ外れの5等まで、当せん金額は、キャリーオーバーがない場合は1億円、キャリーオーバーがある場合は2億円と設定されています。完全にBIG の縮小版といえるでしょう。2017年には32本の1等当せんが出ました。

BIG1000は、BIG に比べると、11試合と対象試合数が少ないため、1等が当たる確率が1/177,147と約30倍も当たりやすくなっています。その分1等の払戻金は、売上金額の30%が配分され、1000万円程度の目安があるくじです。2017年には262本の1等当せんが出ています。最後に、miniBIGですが、こちらは対象試合が9個と少なくなっており、1等の当せん確率は1/19,683、2017年には1,559本の1等が出ているくじです。2つ外れまでが払い戻しの対象であり、払い戻し確率は非常に高いといえるでしょう。

BIG 概要

種類対象試合数1口当せん金額1等当せん確率
BIG14試合300円キャリーオーバーがある場合最高6億円1/480万
100円BIG14試合100円キャリーオーバーがある場合最高2億円1/480万
BIG100011試合200円目安1000万円1/177,147
miniBIG9試合200円目安100万円1/19,683

4. toto のこれまでの払戻金について

toto の払戻金は、ジャンボ宝くじのように、最初から決められているわけではありません。売上金の50%が当せん払戻金として設定されており、1等・2等と払戻金を分配してく設定になっています。例えば、最も人気のあるtoto では、当せん金の配分割合は、売上金50%中、1等70%、2等15%、3等15%となっています。つまり、1等は、売上金の35%がこれに当たるのです。toto とBIG の今までの最高の払戻金TOP10を見てみましょう。

過去の高額当選金 (toto)

結果発表日金額本数
2015年6月7日2億5,476万660円1本
2017年9月17日2億4,065万4,015円1本
2012年8月19日2億円2本
2006年3月21日2億円2本
2014年11月23日2億円1本
2014年6月25日2億円1本
2012年10月21日2億円1本
2011年10月16日2億円1本
2010年4月18日1億9,775万7,910円1本
2006年4月9日1億9,542万7,333円1本

過去の高額当選金 (BIG)

結果発表日金額本数
2015年2月1日10億2,015円6本
2016年6月26日10億2,015円2本
2015年6月28日10億2,015円2本
2017年1月15日10億2,015円1本
2013年11月24日10億2円9本
2014年3月2日10億2円3本
2014年9月7日10億2円1本
2015年11月23日7億3,061万313円6本
2017年11月19日7億7万7,000円3本
2012年5月7日6億円5本

BIG の場合、すさまじい金額が当せん金として支払われているのがわかると思います。売り上げによってかなり配分関わることで、人気がある日とそうでない日、またキャリーオーバーが発生しているかどうかなども、大きな違いとなっているのでしょう。ただし、当選確率を考えてみるとどうでしょうか。toto の1/160万はかなり魅力的です。また、自分でいろいろと決められるため、くじを買う前に情報収集をしておけば、当たる確率はさらに高まるでしょう。

5. ワールドカップtotoで好きなチームの結果に期待しよう!

サッカーといえば、4年に一度の祭典としてワールドカップがあります。今年2018年は日本代表が、6回連続で本選に出場するということで、普段はJリーグなどを見ていない人でも、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。toto でもこのワールドカップの試合の結果を対象としたワールドカップtoto がスタートしました。今回の試合については、キャリーオーバーが発生しているため、払戻金もかなり期待が出来るといえるでしょう。6月13日においての、1等当せん金は、2億737万3250円と、かなりの当せん金が予定されています。やはり、ワールドカップということで、売り上げ推移も非常に良いようです。単にテレビなどでサッカーを見るよりも、toto を買っておくことで、より試合も楽しく見られるのではないでしょうか。対象試合は、初戦だけではありません。また、日本の試合だけでなく、そのほかの全ての試合がtoto の対象となっています。ワールドカップが終わった頃にはもしかしたら、海外のサッカーにも詳しくなってくるかもしれません。

6. まとめ

サッカーくじ、toto とBIG についてみてみました。年末ジャンボ宝くじよりも、はるかに高確率で1等を狙える大きなくじとなっています。また、ワールドカップなどの大きな大会では、売り上げが大きくなるため、その分払戻金も大きくなります。この機会に、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、オンラインカジノのペイアウト率 = 払い戻し率は、90 – 95%程度とこれらサッカーくじを大きく上回ります。実際に儲かる確率からいうと、やっぱりオンラインカジノのほうがおすすめです 笑。