スポーツ大国アメリカでスポーツ賭博がもうすぐスタート?

に投稿

Major League Baseball (MLB – 野球), Natinal Basketball Association (NBA – バスケットボール), National Football League (NFL – アメリカンフットボール), そしてNational Hockey League (NHL – アイスホッケー) のいわゆる4大スポーツを有し、世界最大のスポーツビジネスの国であるアメリカ。このアメリカでは、今までスポーツを賭け事の対象とすることは禁じられていました。しかし、2018年5月に、その元となる法律を違憲とする判決がなされたのです。スポーツ大国アメリカで何が起こっているのでしょうか。

Vera John - Registration Page

1. アメリカではスポーツ賭博は禁止されていた?

今まで、アメリカでは最高裁判決で、スポーツ賭博は禁止されていました。NBAやNFLといった世界中にファンがいる熱狂的なリーグだけでなく、徐々に人気を集めているMajor League Soccer (MLS – サッカー) なども含めて、全面的に禁止だったのです。もちろん、違法賭博については非常に問題視されていましたが、カジノで有名なラスベガスなどわずかな例外を除くと、公的にスポーツの結果には一切ベットできません。これは1992年に可決された ”the Professional and Amateur Sports Protection Act” いわゆる「PASPA法」と呼ばれる法律が元となっています。しかし、最近のヨーロッパやアメリカの動きとしては、「違法なことが蔓延るのであれば、しっかり管理された場所を作ってしまったほうが上手くいく」という姿勢に変わってきました。そうした矢先、5月14日に、この「PASPA法」に対して違憲判決が出たのです。

2. 州政府の動き

州政府としては、いち早く解禁されていたネバダ州を中心に、ニュージャージー・ペンシルバニア・デラウェア・ウエストバージニア・ミシシッピーと合わせて6州の動きが活発になっています。また、法案自体が作られている州は他に14あり、全体的に前向きな活動をしているといえるでしょう。これらの動きは、スポーツ賭博解禁における経済的なメリットが中心です。アメリカでは、非合法なスポーツ賭博で1年間に16兆円前後のお金が動いているという報告もあり、非合法の部分では非常に活発といえるでしょう。この活発のスポーツ賭博の利権を取りに行くことになる上に、大きな賭博場は雇用の創出も可能なので、州政府としては、税収を増やす可能性がある以上、積極的に進めざるを得ないというのが現状といえます。

3. 現場のスポーツ選手たちの反応

一方、現場のスポーツ選手たちの動きはどのようなものでしょうか。自分がやっていることが賭け事の対象になってしまうという抵抗感はかなりあるようです。特に注目されているのは野球でしょう。MLBでは、過去にスポーツ賭博で大きな問題を起こしています。最も有名な例は、1919年の「ブラックソックス事件」です。この年に野球の世界一のチームを決めるワールドシリーズに進出した、シカゴ・ホワイトソックスは、ギャングから多額の賄賂を受け取ることで、主力選手の多くが八百長行為に加担していたことが発覚するという、非常にセンセーショナルな事件を引き起こしたのです。他にも、MLB史上、最もヒットを量産したピート・ローズも監督時代の1989年に違法な野球賭博に関与していたことが発覚し、メジャーリーグ機構から永久追放されています。スポーツ賭博と八百長の関係性は切っても切り離せないといえるでしょう。ニューヨークで行われた州議会は、参考人に前ヤンキース監督のジョー・ジラルディ氏を呼び、意見を求めていますが、彼は「最高裁判決が下った以上は、早く良い制度を作っていただくしかない。自分としては、議会にそうお願いするしかないが、野球人としては競技のクリーンさ(integrity)を保証する制度でなくてはダメだと思っています」と述べています。スポーツ賭博にまつわる八百長問題に関する対応もまた、スタートラインに立ったといえる状況です。

4. まとめ

スポーツ賭博は、多くの人が参加しやすい賭博のひとつであり、大きな経済効果をもたらします。日本でもサッカーのTOTOがありますが、この収益は2017年度では、過去最高となる約1,118億円もの売り上げをもたらしています。日本よりもスポーツが盛んなアメリカにおいて、スポーツ賭博が解禁されれば、その反響は非常に大きなものになることは間違いありません。一方で、八百長の問題はやはり切り離せない問題です。今までも対処に苦慮してきたこの問題ですが、スポーツ賭博の支持者たちは、元々存在する闇スポーツ賭博を合法にして公の目に晒すことは、八百長を防ぐ最善の方法で、関連するスポーツリーグを発展させる資金源にもなると主張しています。今後、果たしてどのような結末を迎えるのか、注目していきましょう。