カジノも恐れるブラックジャック最強の必勝法「カードカウンティング」とは?

に投稿

日本のパチンコやパチスロ、ランドカジノ(本場のカジノ施設)やオンラインカジノ(ネットカジノ)のカジノゲームには攻略法や必勝法があると言われていますが、ギャンブルゲームの中でもブラックジャックのものが特に有名で、世界中のプレイヤーの間で様々な攻略法や必勝法が使われています。その中でも知名度の高い大人気なブラックジャックの必勝法がカードカウンティングです。カウンティングはブラックジャックに限らずバカラでも使われている方法で、ギャンブラーの中でも欠かせない必勝法となっています。この記事では、そんなブラックジャックの必勝法「カードカウンティング」について詳しく解説していきます。カウンティング法を覚えることでブラックジャックでの勝率や利益を格段に高めることができますので、ぜひ覚えてみてください。

ブラックジャックのカードカウンティングとは?

ブラックジャックの必勝法カードカウンティングとは、場に出た全てのカードを記憶することで、まだ場に出ていないカード(シューの中のカード)を予測する行為を指します。シューの中のカードはゲームを進めていくことで変化し、必ず偏りが発生します。その偏りを上手く逆手にとって利用するのが、このブラックジャックのカウンティングの考え方となっています。

シューとは?
未使用のカード(デッキ)を入れておくボックスのことを指します。

ブラックジャックのカードカウンティングの仕組み

ブラックジャックと言えば、ジョーカーを除く52枚のトランプカードを1デッキとし、1デッキ~複数のデッキを使用するカジノゲームとなっています。このトランプカードが持つ数字とは別に、ブラックジャックでは特殊な数字の数え方を行います。「2~9」のカードをそのままの数で計算し、「10」「J」「Q」「K」のカードを「10」として計算し、「A」のカードを「1」もしくは「11」として計算します。ブラックジャックでは数値が「10」として扱われるカードが非常に多く含まれているんですね。そのため、「10」「J」「Q」「K」の「10」の役割を持つカードがシューの中にどのくらい残っているかを把握することがカードカウンティング法において最も重要なポイントとなっています。

ブラックジャックの遊び方(ルール)が分からない方はカウンティングを覚える前にブラックジャックの遊び方を覚えましょう。当サイトで詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

関連記事: ブラックジャックの遊び方(ルール)へのリンク

例えば、プレイヤーであるあなたに「8」と「3」の2枚のカードが配られたとしましょう。この2枚のカードの合計数は「11」です。この時、もしシューの中に「10」の役割を持つカードが多く残っていることを知っていれば、「10」を引いて「21」にすることができる有利な状況にあるということが分かります。

ブラックジャック「カウンティングの仕組み」

次に、プレイヤーであるあなたに「8」と「7」の2枚のカードが配られたとしましょう。この2枚のカードの合計数は「15」です。プレイヤーに配られた2枚のカードの合計数が「15~17」であった場合、「10」を引いてBUST (バースト)してしまう可能性が非常に高いため、無理な勝負はしない方が良いという賢明な判断を行うことできます。

ブラックジャック「カウンティングの仕組み」

そして、このカウンティングの考え方はプレイヤー側だけではなくディーラー側のカードを見て判断することも重要です。例えば、シューの中に「10」の役割を持つカードが多い状況下で、ディーラーのUP CARD (アップカード)が「6」だったとしましょう。伏せているもう一枚のカードを「10」と予測した場合、ディーラーのカードの合計数は「16」となります。ディーラーは「カードの合計数が『17』になるまでカードを引かなければいけない」と言うルールがありますので、必然的にもう一枚のカードを引かなければいけません。ここで更に1枚のカードを引くとなると、ディーラーはBUST する可能性が高いということがわかります。この場合、プレイヤーであるあなたは無理してHIT (ヒット)せずとも、ディーラーである相手側にカードを引かせてBUST をさせるというベストな判断を行うことができるようになります。

ブラックジャック「カウンティングの仕組み」

このように、カードカウンティングを行っていれば、自分の状況が「有利にあるか不利にあるか」を瞬時に判断することができます。攻略法や必勝法の中でも難易度が高く扱いにくい戦略となっていますが、ランドカジノ(本場のカジノ施設)ではカウンティング法が禁止されているほど効果の高い優れた必勝法となっています。

ブラックジャックのカードカウンティング方法

ブラックジャックの必勝法「カードカウンティング」では、場に出た全てのカードを暗記していくことでシューの中にあるカードを把握することができます。ブラックジャックのゲームをプレイしながら場に出る全てのカードを随一暗記していくことはなかなか大変でしょう。プレイヤーに配られたカードやディーラーに配られたカードだけでも把握することは困難ですが、オンラインカジノ(ネットカジノ)で他者と一緒にプレイすることができる「ライブブラックジャック」ともなれば、参加しているプレイヤー全員に配られたカードも含めて全て暗記する必要があり、相当な記憶力と集中力が強いられます。そこで考えられたのが、「カードをグループごとに分けて数値化する」と言うカウンティング方法です。この方法により、簡易計算で全てのカードを手軽に管理することが可能となります。ブラックジャックのカウンティングには様々な方法がありますが、ここでは一番分かりやすくて使いやすい「ハイローシステム」のカウンティング方法について解説していきます。

ハイローシステムは、「10」「J」「Q」「K」「A」の5枚のカードを『-1』、「7」「8」「9」の3枚のカードを『±0』、「2」「3」「4」「5」「6」の5枚のカードを『+1』と、3種類の数値に分けて計算しながらカードを管理していくカウンティング方法となっています。前述したように、ブラックジャックのカードカウンティングにおいて、「10」の役割を持つカードは偏りを見極める上で最も重要な存在です。この重要なカードをマイナス値でカウントすることで、より効率的に偏りを見極めることができます。

Lucky Niki - Welcome Bonus

カウンティング「ハイローシステム」:ブラックジャック

1. カウンティングの結果が「マイナス」になる場合

ブラックジャックのカードカウンティングにおいて、「10」の役割を持つカード(10、J、Q、K)は全てマイナスとしてカウントされるため、マイナス数値が多いほど、「10」の役割を持つカードがシューから場に出されていることが分かります。つまり、カードカウンティングを行った際の合計値はマイナスであればあるほど「10」を引く可能性が少なくなります。カウンティングの合計値が大きくマイナスになるようなら、無理な勝負は行わず相手のBUST (バースト)を待つことが適切でしょう。

2. カウンティングの結果が「プラス」になる場合

ブラックジャックのカードカウンティングにおいて、「10」の役割を持つカードがマイナスとされているため、プラス値が大きければ大きいほど「10」以外のカードが場に出ているということが分かります。その場合は、シューの中に「10」の役割を持つカードが多く残っているということです。つまり、合計値がプラスであればあるほど「10」の役割を持つカードを引く可能性が高くなるということです。カウンティングの合計値が大きくプラスになるようなら、HIT (ヒット)やDOUBLE DOWN (ダブルダウン)を積極的に選ぶことが適切でしょう。

ブラックジャックのカードカウンティング例

実際にどのような流れでカードカウンティングが行われるのか、オンラインカジノ(ネットカジノ)で他のプレイヤーを交えて行うライブ・ブラックジャックを元にカウンティング方法をご説明していきます。ほとんどのオンラインカジノでは自分を含めた7名のプレイヤーと1名のディーラーの最大8人でゲームが行われますが、満席になっているケースは少ないので、今回はプレイヤー4人、ディーラー1名の計5名でブラックジャックを行った状態を想定します。

まずは、ゲームを開始し、1ゲーム目が終わった状態を確認します。今回ゲームに参加しているプレイヤーは計4名、それぞれをプレイヤーA 、プレイヤーB 、プレイヤーC 、プレイヤーD とします。

ブラックジャックのカウンティング例

右端から2番目に座っているプレイヤーAの手札を確認すると、「10」と「A」のカードが配られています。「10」のカードは『-1』とカウントし、「A」のカードも同様に『-1』とカウントします。カウントした数(-1-1)を計算すると『-2』となります。

ブラックジャックのカウンティング例

続いて、右端から3番目に座っているプレイヤーBの手札を確認すると、「3」と「K」と「6」のカードが配られています。「3」のカードは『+1』とカウントし、「K」のカードは『-1』とカウントし、「6」のカードは『+1』とカウントします。カウントした数(+1-1+1)を計算すると『+1』となります。

ブラックジャックのカウンティング例

続いて、左端から3番目に座っているプレイヤーCの手札を確認すると、「J」と「10」のカードが配られています。「J」のカードは『-1』とカウントし、「10」のカードも同様に『-1』とカウントします。カウントした数(-1-1)を計算すると『-2』となります。

ブラックジャックのカウンティング例

続いて、左端から2番目に座っているプレイヤーDの手札を確認すると、「4」と「5」と「2」と「4」のカードが配られています。「4」のカードは『+1』とカウントし、「5」のカードも『+1』、「2」のカードも『+1』、「4」のカードも『+1』でカウントします。カウントした数(+1+1+1+1)を計算すると『+4』となります。

ブラックジャックのカウンティング例

全プレイヤーの手札に配られたカードのカウントを終えたので、最後にディーラーに配られたカードをカウントします。ディーラーに配られた手札を確認すると、「9」と「Q」のカードが配られています。「9」のカードは『±0』とカウントし、「Q」のカードは『-1』とカウントします。カウントした数(±0-1)を計算すると『-1』となります。

ブラックジャックのカウンティング例

今回の場に出た全てのカードをカウントした結果は「±0」です。±0の結果が出る場合は賭け方を変えずにカウンティングを続けて様子を見てみましょう。「マイナス」「±」「プラス」の結果から賭け方を変えながらプレイすることで、カウンティング法を上手く活用することができます。ただし、必ずしもカウンティングの結果通りにカードが配られるというわけではありませんので、すぐに効果を期待するのではなく長い目で勝利を狙っていきましょう。

ブラックジャックのカウンティング例

【カウンティング結果が「マイナス」になる場合】
マイナス数値が大きいほど、「10」の役割を持つカードがシューから場に出ている=「10」を引く可能性が少なくなる。

【カウンティング結果が「プラス」になる場合】
プラス数値が大きいほど、「10」以外のカードがシューから場に出ている=「10」を引く可能性が高くなる。

ブラックジャックのカードカウンティング実践

ブラックジャックのカードカウンティング法は、進行するゲームと合わせて場に出たカードを記憶していくため、慣れないうちは頭の中でカウントしていくことはなかなか難しいでしょう。そのような時にはメモ用紙を使って実際にカウント結果を記録していくことも一つの手です。ここでは、メモ用紙を使ってカウンティング法を実践していきます。

「±0」は「0」と表記することが可能ですので、ここでは「0」とメモ用紙に記入します。効率よくカウンティング結果を記入するためには「+」の符号も省き、「-」の符号だけを付けていきましょう。カードのカウンティングだけに関わらず、合計値と累計を記録しておくことで分かりやすく管理することができます。

ブラックジャックのカウンティング実践

カウンティング結果を計算しながらメモ用紙に記入していくことが難しい方は、こちらの方法を試してみましょう。場に出たカードを該当箇所に記していくことで、場に出されたカードを視覚的に把握することができます。この方法は計算を一切使用しないため、非常に簡単に行うことができますが、明確に数値化しているわけではないので信頼度は少し下がります。

ブラックジャックのカウンティング実践

ブラックジャックでカードカウンティングを行う際の注意点

ブラックジャックの必勝法「カードカウンティング」は信頼度が高くおすすめの必勝法となっていますが、カウンティングを行ったからと言って必ずしも勝てるとは限りません。場に出された全てのカードを把握することでシューの中身を知ることもできますが、その後の自分の賭け金(ベット額)やアクションの取り方次第で勝ち負けの未来は当然、変わってきます。カードカウンティングで勝利数を上げるためにも以下の注意点を頭に入れておきましょう。

1. シューの中に「10」以外のカードが多い場合はプレイヤーの不利となる

ブラックジャックではシューの中に「10」の役割を持つカードが多ければ多いほど、プレイヤー側の有利となります。これは、ディーラーが「10」のカードを引きやすくBUST (バースト)しやすいためです。しかし、逆を言えばシューの中に「10」以外のカードが多ければ多いほど、プレイヤー側が不利になってしまうということでもあります。「10」以外のカードの中でも、特にプレイヤー側が不利になってしまうパターンは「2」「3」「4」「5」「6」の5種類のカードがシューに多く存在している場合です。「10」の役割を持つカード(10・J・Q・K)や「11」の役割を持つカード(A)などの高い数値のカードを連続で引くことで、BLACK JACK (21)のハンドを作り上げることができますが、上記で説明したような「2」「3」「4」「5」「6」などのカードが多くシューの中に存在している場合、プレイヤーはなかなか合計値を「21」に近づけることができません。そればかりか、小さい数値のカードを沢山引いてしまうと、最後には「10」のカードでBUST (バースト)してしまう危険性も高まります。また、小さな数値のカードがシューの大半を占めている場合、ディーラーはBUST しづらい状況にもなっていきます。つまり、ディーラーの勝利の可能性を高めます。ブラックジャックのカウンティング結果において、シューの中に「2」「3」「4」「5」「6」と言った小さい数値のカードが多い場合、つまりはカウンティング結果がプラスの時は積極的に勝負を行うのはやめましょう。

ブラックジャックで使えるその他のカウンティング方法

ブラックジャックのカウンティング方法の一つ「ハイローシステム」についてご紹介していきましたが、その他にも、カジュアルシステム、K-O システム、レッドセブンカウント、ハイオプトワン、ハイオプトツー、ゼン等、ブラックジャックやバカラなどのカジノゲームで使えるカウンティング方法は沢山存在します。当サイト(Casino Wired. )では様々なカードカウンティング方法をご紹介していますので気になる方はぜひチェックしてみてください。

関連記事: ブラックジャックやバカラで使える9つの「カードカウンティング」へのリンク

カードカウンティングはランドカジノでは使用禁止

ブラックジャックやバカラなどのカジノゲームで使える必勝法「カードカウンティング」は、効果が絶大なため、ランドカジノ(本場のカジノ施設)では使用することが禁止されています。ランドカジノで実際にカードカウンティングを行ったプレイヤーは即退場、もしくは出入り禁止にさせられてしまうので、あくまでもオンラインカジノ(ネットカジノ)のブラックジャックで稼ぐための一つの方法として扱ってください。

ブラックジャックが遊べるオンラインカジノサイト

ブラックジャックはカジノゲームの中でも特に大人気のゲームとなっています。様々なオンラインカジノサイト(ネットカジノサイト)でプレイすることができますが、中にはブラックジャックが遊べないオンラインカジノサイトも存在します。ブラックジャックをプレイする際は以下のオンラインカジノサイトでプレイしてみてください。

当サイト(Casino Wired. )では、上記のオンラインカジノサイトについて詳しく解説しています。登録方法、入出金方法、ゲームの遊び方等、詳しい情報が知りたい方は当サイトのオンラインカジノレビューをチェックしてみてください。

ブラックジャックのカードカウンティングまとめ

今回は、ブラックジャックで使える有力な必勝法カードカウンティングについて詳しくご紹介しました。カードカウンティングは非常に難易度の高い必勝法となっていますが、使い方を覚えるだけでブラックジャックで常に最適な選択を行うことができます。利益や勝率も格段に上げることができますので、ぜひカウンティング法を習得してみてください。

当サイト(Casino Wired. )では『ブラックジャックやバカラで使える9つの「カードカウンティング」』にて様々なカウンティング方法をご紹介しています。また、ブラックジャックの遊び方やブラックジャックの必勝法「ベーシックストラテジー」についても詳しく解説していますので、ブラックジャックで徹底的に勝率を上げたい方や儲けを上げたい方はぜひ参考にしてみてください。

関連の投稿