大勝ち狙える!?マネーシステム「逆マーチンゲール法(パーレー法)」

に投稿

オンラインカジノ(ネットカジノ)で利益を求めるならマネーシステムを理解しておきましょう。マネーシステムの代表的な必勝法と言えば、損失額の全てを一気に回収することができるマーチンゲール法を思い浮かべますが、現金を賭けてカジノゲームをプレイするなら利益をしっかりと出していきたいですよね。そんな方には攻めの必勝法「逆マーチンゲール法(パーレー法)」がおすすめです。パーレー法は少ない投資額で大きな配当を狙うことができる有力なマネーシステム法となっています。この記事では、そんな逆マーチンゲール法(パーレー法)の使い方や戦略内容などを詳しく解説していきたいと思います。投資額のリスクを抑えつつしっかりと利益を上げていけるようにしてみましょう!

【目次】

逆マーチンゲール法(パーレー法)とは?

逆マーチンゲール法(パーレー法)の賭け方

逆マーチンゲール法(パーレー法)の実践例

1. 実践例:1ゲーム目
2. 実践例:2ゲーム目
3. 実践例:3ゲーム目
4. 実践例:4ゲーム目
5. 実践例:5ゲーム目

逆マーチンゲール法(パーレー法)の3つの注意点

1. 掛け金の初期設定額が大きいと、負けたときの損失も大きい
2. テーブルリミットによる制限
3. 負けると全ての利益が失われる

確率を考慮して逆マーチンゲール法(パーレー法)の止め時をしっかりと定める

逆マーチンゲール法(パーレー法)の欠点を克服した戦略:応用編

1. 4連勝1サイクルのパーレー法
2. 得た利益分のみを賭け金とするパーレー法

逆マーチンゲール法(パーレー法)の2つのメリット

逆マーチンゲール法(パーレー法)の2つのデメリット

リスクを抑えて利益を上げるマネーシステム法の組み合わせ術

1. 損失額の回収を目的としたマネーシステムとパーレー法
2. 勝率を高めるマネーシステムとパーレー法

逆マーチンゲール法(パーレー法)が使用できる3つのカジノゲーム

1. ルーレット
2. ブラックジャック
3. バカラ

逆マーチンゲール法(パーレー法)の検証結果

逆マーチンゲール法(パーレー法)のまとめ

逆マーチンゲール法(パーレー法)とは?

パーレー法は逆マーチンゲール法、アンマーチンゲール法と呼ばれているように、マネーシステムの定番の必勝法であるマーチンゲール法を逆にしたタイプの戦略となっています。ゲームに負けた時点で使用することにより、1度の勝利で損失額の全てを回収することができる守りの必勝法「マーチンゲール法」とは異なり、逆マーチンゲール法(パーレー法)はゲームに勝利した際に利益をしっかりと増やしていける必勝法となっています。マーチンゲール法と同様に扱い方や戦略内容が非常にシンプルなものとなっていますので、まずは戦略内容や使い方をしっかりと覚えていきましょう。

逆マーチンゲール法(パーレー法)の賭け方

逆マーチンゲール法(パーレー法)は、マーチンゲール法と同様にいたってシンプルな戦略内容となっています。パーレー法を使用するのに最適なゲームは、2倍配当のルーレット(赤黒賭け、奇数偶数賭け、ハイロー賭け)、2倍配当のブラックジャック、2倍配当のバカラです。パーレー法を適用する前にまずは初期ベット額を決めておきます。設定する賭け額は大きすぎるとリスクが高くなってしまうため、あまり大きすぎない金額を設定することがおすすめです。初期ベット額をゲームの賭け金として使用し、ゲームに勝利するたびに賭けていた金額(ベット額)を倍にしていきます。勝つたびに2倍、4倍、8倍、16倍と倍プッシュする戦略がパーレー法と言うわけですね。パーレー法は以下のように進行していきます。

ゲーム数賭け金勝敗累計損益
1ゲーム目1ドル勝ち1ドル
↓ 逆マーチンゲール法(パーレー法)を適用 ↓
2ゲーム目2ドル勝ち3ドル
3ゲーム目4ドル勝ち7ドル
4ゲーム目8ドル勝ち15ドル
5ゲーム目16ドル勝ち31ドル

逆マーチンゲール法(パーレー法)の実践例

逆マーチンゲール法(パーレー法)は勝率1/2(50%)の2倍配当の賭けに有効な必勝法となっています。2倍配当の主なゲームはルーレット(赤黒賭け、奇数偶数賭け、ハイロー賭け)、バカラ、ブラックジャックです。このページではVera&John (ベラジョンカジノ)のルーレット(赤黒賭け)を使用してパーレー法を実践していきます。

1. 実践例:1ゲーム目

1ゲーム目では初期額(1ドル)を「赤」に賭けてゲームを開始します。この時点では逆マーチンゲール法(パーレー法)は使用しません。この時の結果は「赤(23)」です。1ゲーム目のベット額と合わせて払い戻された金額は2ドル、累計損益は1ドルとなります。

逆マーチンゲール法(パーレー法)

2. 実践例:2ゲーム目

前回のゲーム(1ゲーム目)の賭け金:1ドル 勝敗:勝ち

前回の1ゲーム目でゲームに勝利しましたので逆マーチンゲール法(パーレー法)を適用していきます。2ゲーム目では前回の1ゲーム目の賭け金(1ドル)を倍にした金額の2ドルを「赤」に賭けてゲームを開始します。この時の結果は「赤(27)」です。2ゲーム目のベット額と合わせて払い戻された金額は4ドル、累計損益は3ドルとなります。

逆マーチンゲール法(パーレー法)実践画像:ルーレット(2ゲーム目)

3. 実践例:3ゲーム目

前回のゲーム(1ゲーム目)の賭け金:2ドル 勝敗:勝ち

前回の2ゲーム目でゲームに勝利しましたので引き続き逆マーチンゲール法(パーレー法)を適用していきます。3ゲーム目では前回のゲームの賭け金(2ドル)を倍にした金額の4ドルを「赤」に賭けてゲームを開始していきます。この時の結果は「赤(16)」です。3ゲーム目のベット額と合わせて払い戻された金額は8ドル、累計損益は7ドルとなります。

逆マーチンゲール法(パーレー法)実践画像:ルーレット(3ゲーム目)

4. 実践例:4ゲーム目

前回のゲーム(1ゲーム目)の賭け金:4ドル 勝敗:勝ち

前回(3ゲーム目)の結果が勝ちとなったため引き続き逆マーチンゲール法(パーレー法)を使用します。4ゲーム目では前回のゲームの賭け金(4ドル)を倍にした金額(8ドル)を「赤」に賭けてゲームを開始します。この時の結果は「赤(36)」です。4ゲーム目のベット額と合わせて払い戻された金額は16ドル、累計損益は15ドルとなります。

逆マーチンゲール法(パーレー法)実践画像:ルーレット(4ゲーム目)

5. 実践例:5ゲーム目

ある程度連勝することができたらキリのいいところで逆マーチンゲール法(パーレー法)の使用をやめましょう。再度パーレー法を使用する場合は初期設定額に戻し上記で説明した手順を繰り返し行ってみましょう。

逆マーチンゲール法(パーレー法)

逆マーチンゲール法(パーレー法)の3つの注意点

勝利時の利益を上げることに長けている逆マーチンゲール法(パーレー法)ですが、そんなパーレー法にも弱点が存在します。ここでは、パーレー法を使用する際に注意してほしい点を3つほどご紹介していきます。

1. 掛け金の初期設定額が大きいと、負けたときの損失も大きい

逆マーチンゲール法(パーレー法)はご説明通り、勝利時に賭け額を倍にする戦略となっています。説明したように初期額1ドルに設定した場合のパーレー法の毎ゲームの賭け金はそこまで膨れ上がることはありませんが、初期額を10ドル等の2桁以上の金額に設定した場合、賭け金が一気に膨れ上がります。以下の表をご覧ください。

初期額1ドルでゲームを開始した場合

Cherry Casino - Welcome Bonus

ゲーム数10
賭け金163264128256512
勝敗勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち
累計損益1531631272555111023

初期額10ドルでゲームを開始した場合

ゲーム数10
賭け金10204080160320640128025605120
勝敗勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち
累計損益10307015031063012702550511010230

このように、初期額を一桁増やすだけでも賭け金が大幅に変わっていきます。初期額は高く設定すればするほど利益も増えていきますが、同時に必要となる資金も増えていきますので可もなく不可もない程度に設定しておくことが一番おすすめです。

なぜ、利益が上がるのに初期額を高めに設定してはいけないの?と疑問に思う方もいるでしょう。これには以下の注意点が当てはまります。

2. テーブルリミットによる制限

先ほど初期設定額のお話をしましたが、ルーレットやバカラ、ブラックジャック等のテーブルゲームには各テーブルによって「テーブルリミット」と呼ばれる制限が付いています。要するに1ゲーム時に賭けられる金額が決まっているということですね。例えば、ルーレットのテーブルリミット上限額(マキシマムベット)が200ドルのテーブルで初期設定額10ドルからゲームを開始したとしましょう。

ゲーム数10
賭け金10204080160200続行不可能
勝敗勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち
累計損益103070150310510

上記の表を見ると分かる通り、6ゲーム目ではすでに逆マーチンゲール法(パーレー法)の戦略である倍賭けが行えなくなりますよね。初期設定額を高く設定すればするほど賭け金が大きくなり、逆マーチンゲール法(パーレー法)を続行することが難しくなっていきます。続いて、以下の理由もご覧ください。

テーブルリミットとは?
テーブルゲームの各テーブルごとに設定されている1ゲーム時の最低賭け金(ミニマムベット)と最高賭け金(マキシマムベット)や、賭け方によって賭け金の最小額と最大額が制限されていることです。

3. 負けると全ての利益が失われる

逆マーチンゲール法(パーレー法)の最大の欠点は” ゲームに負けた時に全ての利益が失われてしまう” ことです。以下の表をご覧ください。

ゲーム数10
賭け金163264128256512
累計損益-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1

初期設定額1ドルでパーレー法を開始した場合、どのゲーム数で負けたとしても必ず負けた時点で全ての利益が失われ、更に初期に設定した金額分がマイナス収支へと変わってしまいます。初期額が1ドルだった場合は最大のマイナス額が1ドルとなるため、リスクは少なく済みますが、利益を求めるあまり高く設定しすぎてしまうとかえって痛い目を見てしまいますよね、、パーレー法でしっかりと利益を確保するためには以下の対策法を適用することがおすすめです。

確率を考慮して逆マーチンゲール法(パーレー法)の止め時をしっかりと定める

逆マーチンゲール法(パーレー法)は勝利時の利益を高めてくれる有力な必勝法となっていますが、注意点でもお伝えした通り、負けた場合はそれまでの利益がすべて失われ更に初期賭け額と同等金額がマイナス収支となってしまいます。せっかくの利益を無駄にしないためにも、連勝時に必要以上に利益を得ることを考えずに、以下の確率を考慮してトータル目標利益額や連勝数をあらかじめ設定しておきましょう。

連敗数10
連敗確率50%
(1/2)
25%
(1/4)
12.5%
(1/8)
6.2%
(1/16)
3.1%
(1/32)
1.6%
(1/64)
0.8%
(1/128)
0.4%
(1/256)
0.2%
(1/512)
0.1%
(1/1024)

逆マーチンゲール法(パーレー法)の欠点を克服した戦略:応用編

逆マーチンゲール法(パーレー法)の欠点は、1度ゲームに負けた時点でマイナス収支へと変わってしまうことにありました。ここでは、パーレー法で損失額を出さないために、パーレー法を応用した賭け方をご紹介していきます。

1. 4連勝1サイクルのパーレー法

まずは、以下の4連勝1サイクルの賭けた方をご覧ください。

ゲーム数
賭け金
勝敗勝ち勝ち勝ち勝ち負け負け負け
累計損益15141312

このように、4連勝を1サイクルとしてパーレー法を繰り返し行っていくことで、ゲームに負けた場合や連敗が続いてしまった場合でも利益を温存させることができます。

2. 得た利益分のみを賭け金とするパーレー法

続いて、直前のゲームで得た利益分のみを賭けてゲームを開始するパーレー法の賭け方をご覧ください。

ゲーム数10
賭け金163264128
勝敗勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち勝ち負け
累計損益173365129

このように、直前のゲームで得た利益分のみを次のゲームの賭け金としてパーレー法を使用することで、万が一ゲームに負けた場合でもマイナス収支を回避することが可能となります。

逆マーチンゲール法(パーレー法)の2つのメリット

これまでご説明した逆マーチンゲール法(パーレー法)のメリットは以下の2つです。

  • 短時間で利益を上げることができる
  • 連勝すればするほど利益が増加する

逆マーチンゲール法(パーレー法)の2つのデメリット

これまでご説明した逆マーチンゲール法(パーレー法)のデメリットは以下の2つです。

  • 利益は大きく出せるが、一度でも負けてしまうと収支がマイナスとなってしまう
  • テーブルリミットにより連勝回数が定められている

リスクを抑えて利益を上げるマネーシステム法の組み合わせ術

今回ご紹介した逆マーチンゲール法(パーレー法)は非常に扱いやすい必勝法となっており、様々なマネーシステム法と組み合わせて使うことで、よりリスクを抑えて利益を出すことができます。ここでは、パーレー法と合わせて使うことで効率よく稼ぐことができるマネーシステムの組み合わせを2つご紹介していきます。

1. 損失額の回収を目的としたマネーシステムとパーレー法

パーレー法は、別名「逆マーチンゲール法」と呼ばれているように、マーチンゲール系のマネーシステムとの相性が抜群です。パーレー法はゲームに勝った時点で適用していく必勝法となっていますが、連敗が続いてしまった時にはマーチンゲール法などの負け額を回収することができる必勝法と組み合わせて扱うことがおすすめです。以下は、負けた損失額を回収することができる必勝法となっています。

2. 勝率を高めるマネーシステムとパーレー法

こちらの組み合わせはカジノゲームのルーレットのみに適用される方法となっています。勝率の高いマネーシステム法や勝率を高めるマネーシステム法を使用して資金を大きく稼ぎ、稼いだ利益分を逆マーチンゲール法(パーレー法)に使用して組み合わせることも戦略的におすすめです。以下は、ルーレットで使用できる勝率の高いマネーシステム法となります。

  • ベアビック法
  • ダブルストリート5ベット法
  • 98.48%法

逆マーチンゲール法(パーレー法)が使用できる3つのカジノゲーム

ここでは、逆マーチンゲール法(パーレー法)のマネーシステムを適用することができるカジノゲームを3つご紹介していきます。お好きなゲームでパーレー法を扱ってみてください。

1. ルーレット

逆マーチンゲール法(パーレー法)は、ルーレットの2倍配当の賭けに有効です。2倍配当の賭けには、赤黒(レッド・ブラック)、奇数偶数(オッド・イーブン)、ハイロー(1-18 / 19-36)の3通りの賭け方が存在します。お好きな賭け方でパーレー法を使用してみましょう。

逆マーチンゲール法(パーレー法)に最適なルーレットの賭け:2倍配当の賭け

2. ブラックジャック

逆マーチンゲール法(パーレー法)は2倍配当のブラックジャックの賭けにも有効です。

逆マーチンゲール法(パーレー法)に最適なブラックジャックの賭け:2倍配当の賭け

3. バカラ

逆マーチンゲール法(パーレー法)は2倍配当のバカラの賭けにも有効です。バカラは基本的にテーブルリミットが高く設定されている台が多いため、パーレー法の連勝時の利益を求める方にもおすすめです。

逆マーチンゲール法(パーレー法)に最適なバカラの賭け:2倍配当の賭け

逆マーチンゲール法(パーレー法)の検証結果

シンプルな戦略内容にもかかわらず、カジノゲームでの利益をしっかりと高めることができる逆マーチンゲール法(パーレー法)ですが、実際にオンラインカジノでパーレー法を使用した場合、しっかりと利益が出せるのか、温存できるのか気になりますよね。そこで、Vera&John (ベラジョンカジノ)の無料で遊べるEuropean Roulette (ヨーロピアン・ルーレット)を利用してパーレー法を検証してみました。ルーレットの2倍配当の賭けを利用してパーレー法を行った検証結果は以下の通りです。※以下は4連勝1サイクルのパーレー法を適用しています。

【ゲーム数】62ゲーム
【パーレー法成功回数】6回
【パーレー法失敗回数】8回
【勝利数】40回
【負け数】22回
【1ゲームの最大賭け金】8ドル

【累計損益】75ドル

逆マーチンゲール法(パーレー法)検証結果

以上が逆マーチンゲール法(パーレー法)を使用した検証結果です。黄色マーカーがパーレー法の成功時、赤マーカーはパーレー法の失敗時です。成功と失敗があるように、パーレー法は連勝している間に自分自身で必勝法の使用をキリよくやめることで利益を大きく確保することができます。自分のルールをしっかりと守りつつパーレー法で利益を上げていきましょう。

逆マーチンゲール法(パーレー法)のまとめ

今回は、マネーシステム「逆マーチンゲール法(パーレー法)」について詳しく解説していきました。現金を使ってカジノゲームをプレイするならしっかりと利益は確保していきたいですよね。パーレー法は連勝時に利益を格段にアップさせることができる優れた必勝法となっています。必勝法の止めるタイミングさえ掴んでしまえば後は利益を伸ばしていくのみ!ルーレットやブラックジャック、バカラなどの2倍配当の賭けでリスクを抑えて儲けを出したい方はぜひパーレー法を使用してみてください。

当サイト(Casino Wired. )では逆マーチンゲール法(パーレー法)以外にも様々なマネーシステム法をご紹介しています。色んな戦略を覚えてカジノゲームで上手く稼いでみてくださいね。

関連記事: マネーシステムとは?へのリンク

関連の投稿